入学式 生徒代表のことば (平成24年度)


本校の存在を知り、学校説明会等に来てここに入学したいと思う。 そして、そのために行動を起こす。その結果として、高倍率の入学試験を経て、合格が決まる。 晴れやかな土曜日、家族の方々に見守られて本校に入学してきた生徒たち、 自らの可能性を求めて、期待と不安が入り混じりながらも、決意を新たにする。
その気持ちを壇上で表現してくれた生徒たちからのメッセージを紹介します。

平成24年4月7日(土曜日) 第3回入学式

  

 

Hさん


春の花々が咲き乱れ、まるで私たちの新しい出発を祝ってくれているような今日の良き日に、 憧れだった制服に身を包み相模向陽館高校の生徒として入学式を迎えられた事を、大変嬉しく思います。
 私たち新入生は、今日から高校生です。つまり、大人への第一歩を踏み出しました。 しかし、慣れるまでは、色々と困惑することもあると思います。 そんな時は、先生方や先輩方に、良きアドバイスを頂きながら、進んでいこうと思います。 私たちは、これから悔いのない四年間を送っていくために、中学生のときの様な純粋な心を持って、 何事にも積極的に、一生懸命取り組みたいです。


Oさん


本日は、私たち新入生のために、盛大な入学式を挙行していただき、誠にありがとうございます。 新入生一人ひとりはこれから始まる高校生活に期待と不安で胸がいっぱいです。 私はこの相模向陽館高等学校に入学して、一生懸命に取り組みたいことが二つあります。 一つ目は勉強に一生懸命取り組むことです。高校では、授業内容がとても難しくなっていくと思います。 分からない事や苦手を克服するように勉強に一生懸命に取組んでいきたいです。 二つ目は人として基本的なマナーや礼儀を身につけるということです。 色々な人に感謝の気持ちを持ち、礼儀正しく生活できるということは、 自分を成長させる上で大きな土台になると思います。「よろしくお願いします」 「ありがとうございます」と言う言葉や挨拶することを心がけたいです。最後になりましたが、 これからお世話になる先輩、先生方、温かい目で見守り導いてくださいますよう、よろしくお願いいたします。


Sさん


皆様・・・と言っても自分もなのですが、ご入学おめでとうございます。
 私はこの高校に入学して、勉強にはげみながらも趣味に費やす時間をとれるような、 ある程度のゆとりが持てる精心(こころ)をつくっていきたい限りだと思っています。
 最後に、これから色々な出来事が起こると思いますが、自分たちにとってより良 い高校生活が築けていけたらいいと思っています。


Oさん


僕が向陽館高校の門をくぐった理由は、特定の形にとらわれる事の無い、自分らしいやり方で勉学にはげみ、 夢を追っていきたいとおもったからです。
 僕にはクリエイターという夢があります。自分の内にある感情や思いを、絵や音楽を通じて相手に伝える仕事です。 「将来の道を決めてしまうのは早すぎる。」と、言われた事もありましたが、それでも僕はせっかく 見つけたかけがえの無い夢をのがそうとは思えませんでした。
 向陽館の、人それぞれが持つ個性を最大限に活かせるカリキュラムは、正に僕が望んだ形です。 社会を生きる上で必要な教養を得つつ、ゆたかな時間で絵や音作りを練習し、夢を勝ちとろうと思っています。 「様々な経験を通じて、夢を見つけ、それを目指していく。」僕は新入生を代表して、ひた向きな情熱を持って、 高校生活を送っていこうと思います。


Iさん


私は中学時代、勉強につまずきました。
 その為休みが多くなり、勉強面や生活面がおろそかになりました。 学力が低下し学校に行くことが困難になりましたが、本校に入学してからその失敗を反省して学校に通うことを 目標に頑張っていきたいと思います。そして入学後部活に入りたいと思います。私は昔から料理を作る事が好きなので、 その趣味を活かせるような部活をしたいと思っています。
 そして、これから積極的な高校生活を送り、自分の将来に向けても、一生懸命頑張って行きたいです。


Sさん


私が中学のとき、学校が嫌になってしまい学校に行かなかったために、勉強が曖昧になってしまいました。 進路面談の時、先生に「彼女はやる時はやる子なので、相模向陽館高校はどうですか?定時制で午前部、午後部があります。」 と言われ、県立相模向陽館高等学校午後部にしました。二月一日、県立相模向陽館高等学校午後部に見事合格しました。
 私が相模向陽館で一番にやりたいことは、勉強です。次に頑張りたいことは友達をふやすこと、 クラスの人達と仲良くできること、友達やクラスの人と好きなことができること、 委員会や部活に入って精一杯やることです。短所を長所にする一つの方法は友達をつくることだと考えているので、 今はそれを目標に頑張っていきたいと思います。良かったこと、感動したこと、はげまし合ったことなどを、自分、 自分の周りの人達と協力できるようにがんばりたいです。


Sさん


私はこの相模向陽館高校に入学出来た事が本当に嬉しいです。私は幼い頃からおとなしく 消極的な性格なので高校生活では積極的で前向きな明るい性格になれるように努力し、 新しい自分を見つけたいと思っています。高校ではたくさんの人達と関わり、 落ち込んでる人がいたら話を聞いてあげたりして色々な人と仲良くなりたいです。 学習では、苦手な科目は基礎から学び、好きな科目は新しいことを学び、力を伸ばしていきたいと考えています。
私は中学で過ごせなかった学生生活を、この相模向陽館高校でみなさんと充実した楽しいものにしていきたいと思います。 それぞれが自分の夢に向かって一歩一歩進んでいきましょう。四年間どうぞよろしくお願いします。


Fさん


私は、本校の先輩から話を聞き相模向陽館を知りました。当時、学校にあまり行けなかった私は、 基礎から学べる本校独自の授業にとても興味を持ちました。 学校説明会に何度か参加して先生方や先輩方の対応がとても丁寧でこの学校が好きになりました。 冒頭で申し上げたとおり私は中学のとき対人関係につまづき学校にはあまり行けませんでした。 しかし、これから先高校生活では、今までの失敗を反省してその失敗を良い方向に活かしていきたいと思います。 そのために毎日学校に行き、不十分だった勉強をじっくり 学び直して高校生として基礎的な知識を身につけることを目標にしたいと思います。


Mさん


本校に入るまでは、さまざまな努力をして高倍率である本校の受験をくぐりぬけ、 入学式にいたっているわけですが、中学校生活を振り返ると、特にこれと言った思いではあまりありません。 そのため、良い思いでよりも悪い思い出の方が多いと言ってもいいでしょう。 ですが、それらの経験もこれからの自分をみがいていくのに良い参考になったと思います。
 これからは、今まで自分が出来なかったことなどを、本校での学校生活を通じて出来るようにしていきたいと思っています。 特に自分がもっとうまくやっていきたいと思っていることは、人間関係や学習面などです。 これらの目標としたことなどを自分が達成できる範囲まで努力していきたいと思います。


1期生 生徒代表のことば(片言自在 No.13)