相模向陽館 硬式野球部 奮闘記 No.2

目標は、甲子園
  目的は、自立型人間の育成(立派な社会人・大人になるために)
        ~心・技・体・生活のバランス~

シーズン終了

  

平成25年のシーズンも終了し、来年の春、夏に向けて身体づくりの季節になりました。

  

試合成績
    練習試合 8勝24敗1分
    公式戦    3敗
  多くの負け越しとなりましたが、シーズン終盤になるにつれ安定した試合運びができるようになりました。一試合ごとに、一日ごとに成長しています。 毎日プレーしている姿を見ている私たちにもわかるのが、本校部員の大きな特徴です。

冬のトレーニング

  

野球にはオフシーズンがあります。この3ヶ月を具体的な計画を立て、継続してトレーニングしていくことが大事です。平日の練習時間は、午前部が行う朝練と午後部が行う放課後の練習ですが、全員で行える練習はトライアルタイムでの限られた時間になりますので、効率よく計画を立てる必要があります。一週間のサイクルで練習を考えて行っています。また、土曜・日曜はまとまった時間が取れますので、追い込んだ練習ができます。10人と少ない人数ですが、部員一人ひとりが、自分の限界に挑戦しながら取り組んでいます。来年の春にどういう選手になっていたいかをイメージすることが、 日々の練習に対するモチベーションになっています。

来年に向けて

  

一番近い目標は、春の地区予選を勝ち上がり、県大会に出場することです。そして、相模向陽館高校として 夏の大会初勝利がチーム全員の目標です。

  

今年度支えてくださった保護者、先生方。そして、試合を組んでいただいた相手校、お世話になった審判の方等すべての方々に感謝いたします。今年度もありがとうございました。

相模向陽館 硬式野球部 奮闘記 No.1

相模向陽館硬式野球部は、現在10名で活動を行っています。
  (3年次生は引退していますが、練習に参加しています)

学年

選手

マネージャー

合計

午前部

午後部

午前部

午後部

合計

11

 

定時制の高校ではありますが、高野連に加盟し、甲子園を目指して活動しています。

活動日は、次のとおりです。

土・日・祝日 練習試合
月曜日 オフ
火~金曜日 練習

高校野球は、オフシーズンが定められているので、練習試合ができない期間がありますが、それ以外は毎週土曜、日曜と練習試合を行っています。
 平日の練習は、午前部と午後部が一緒にできるのはトライアルタイムの時間だけで、練習内容は限られたものになりますが、短い時間で集中してやっていけるため、成長も実感できます。
 また、午前部の生徒は朝練を、午後部の生徒は放課後練を行い自己成長につなげています。
 公式戦での初勝利は、昨年度の秋の地区予選でした。今の目標は、春と秋の県大会に出場することと、夏の大会で初勝利し声高らかに校歌を歌うことです。
 少ない人数ではありますが、継続することの大切さを実感している生徒たちです。『野球と思うな、人生と思え』を合言葉に日々取り組んでいます。