第3回向陽祭(文化の部)

平成25年10月18日(金)、19日(土)の2日間、第3回向陽祭(文化の部)が行われました。開校4年目を迎え、19日には、文化祭が初めて一般公開されました。保護者の方々、地域の方々、中学生等を含め668名の方が来場してくださいました。本当にありがとうございました。

会場は、模擬店、文化部による展示発表、軽音楽部や吹奏楽部、ボーカル同好会、演劇部による発表と様々な企画で盛り上がりました。 今後も、様々な場面で、生徒が躍動する姿を発信していきたいと思います。

 

初の一般公開

まず初めに生徒の皆さん、ご来場いただいた皆さん、ボランティアで文化祭を手伝ってくれた保護者会の皆さん、ご理解をいただいた近所の皆さん、そして先生方。皆さんのご協力のおかげで2日間に渡って行われた文化祭は大成功で終わりました。感謝申し上げます。

 

さて、今年の向陽祭ですが初日は校内発表。台風26号の影響で、準備が思うようにいかない中、それぞれ素晴らしい発表でした。教員バンドの思いがこもった演奏は心に響きました。そして各団体による展示や発表、また準備不足で完成していない部分も多々みられましたが、中庭から聞こえるリズムのよいバンド演奏やダンス部の発表などで想像以上に盛り上がりました。翌日の一般公開の準備という意味でも良い一日でした。

 

そして向陽館初の一般公開。私は朝1番で受付をしていたのですが、開場の11時前から大勢の方が集まっていて感激しました。その後もたくさんの方にご来場いただき、皆さん共に最高の「お祭り」になりました。

 

ただ、反省点があるとしたら一部の生徒による心無い「ポイ捨て」と「参加意識」だと思いました。一人一人が積極的に参加し協力し合いゴミは分別してゴミ箱に捨てる。当たり前のことを当たり前にすることが「一般公開」を伝統的な行事にする大事なことだと思います。

 

向陽祭を通じて関係した方々、ご来場して頂いた方々すべての人に感謝します。高校生活で最高の思い出になりました。  来年度の向陽祭にもぜひ足を運んでください。

文化祭実行委員長 増田一樹