平成24年度相模向陽館高等学校不祥事ゼロプログラムの検証

1.基本方針

本校は、不祥事発生ゼロを目指し、以下の内容で「平成24年度不祥事ゼロプログラム」を定め全職員で取り組むこととする。

2.プログラムの策定

具体的な手続きやプログラムの策定は、事故防止会議が行う

3.プログラム内容

課  題 目  標 行動計画
1.公務外非行防止 ※公務員としての自覚を持った行動の徹底 ○事例を基にした研修会を実施する
○点検チェックリストによる振り返りをする
2.セクハラ、わいせつ行為 ※基本的人権に配慮したセクハラ、わいせつ行為の防止 ○本校「教職員行動綱領」を遂行する
○事例研究資料や教育・啓発資料を活用する
○各種研修会を実施(DV・デートDV含む)する
○点検チェックリストによる振り返りをする
3.体罰、不適切な指導 ※体罰、不適切指導の未然防止 ○本校「教職員行動綱領」を遂行する
○組織対応の徹底を図る
○事例を基にした研修会を実施する
○点検チェックリストによる振り返りをする
4.適正な経理処理 ※公費・私費会計の不適切な取り扱いの防止
※適切な現金処理
○財務規則に沿った会計処理の徹底を図る
○私費会計基準に沿った会計処理の徹底を図る
○現金は扱わないことを基本とし、扱う場合は、金庫で管理するよう徹底する。
○事例を基にした研修会を実施する
○点検チェックリストによる振り返りをする
5.個人情報等管理・情報セキュリティー対策 ※個人情報流出の未然防止
※個人情報の適正使用
○個人情報持ち出し申請手続きを徹底する
○個人情報を受け渡す際に確認の徹底を図る
○私用によるインターネット利用を禁止する
○携帯電話、電子メール情報を適正に使用する
○点検チェックリストによる振り返りをする
6.交通事故防止  酒酔い、酒気帯び運転防止 ※交通事故の未然防止
※酒酔い、酒気帯び運転の防止
○職員同士で確認する習慣をつける
○事例を基にした研修会を実施する
○点検チェックリストによる振り返りをする
7.業務執行体制 ※非常事態への速やかかつ適切な対応
※各種資料の管理保管
○本校「教職員行動綱領」を遂行する
○危機管理マニュアルを作成する
○引継ぎを意識し文書・資料を作成・保管する
○事例を基にした研修会を実施する
○点検チェックリストによる振り返りをする
8.外国につながる生徒・保護者との関係づくり ※出身国(地域)の宗教や文化などの違いを理解し、適切に対応する。 ○各国の文化や宗教の学習と情報収集
○事例を基にした研修会の実施
○点検チェックリストによる振り返りをする

4.活動状況

(1)事故防止会議等の活動状況

日付 内     容
4月24日(火) 今年度事故不祥事防止に関わる心構えについて(学校長より)
5月21日(月) 平成24年度事故防止ゼロプログラム取り組みについて説明
6月25日(月) 1回目の事故防止ゼロプログラムセルフチェックシート(個人情報の管理版)」を実施  
7月20日(金) 1回目の事故防止ゼロプログラムセルフチェックシート(個人情報の管理版)」の結果報告
8月10日(金) 研修会「外国につながる生徒保護者への支援について」
場 所 本校視聴覚教室
対 象 全職員
講 師 「NPO法人多文化共生教育ネットワークかながわ」
共同代表 井草 まさ子氏
10月23日(火) 2回目の「事故防止ゼロプログラムセルフチェックシート(総括版)」の実施
1月15日(火) 「体罰防止」に関わる研修(学校長より)
1月22日(火) 「入選業務における事故防止のポイント」などの注意
3月19日(火) 3回目:「事故防止ゼロプログラムセルフチェックシート(総括版)」実施
10 3月28日(木) 3回目「事故防止ゼロプログラムシート(総括版)」報告および次年度へ向けた総括
※その他の
取り組み
7月下旬~8月末

12月上旬~1月末
前期事故防止強化月間の実施
「①一人ひとりが考える事故防止策」
後期事故防止強化月間の実施
「②一人ひとりが考える事故防止策」

(2)参加人数

延べ人数  580名

5.検証と評価

(1)セルフチェックより検証

セルフチェックシートのすべての項目で99%がA(大変良い)またはB(良い)という回答が占めており、意識としては非常に高い状況である。ただし、今までの職員個々の事故防止策でも多くの職員が「事故は起こしたくて起こるものではない。気をつけていても起きる時は起きるもの、起きた時に如何に被害を最小限にするような素早く的確な連絡や処置ができるかどうかが重要である」と述べているように今年度後半は、事故防止の意識と同時に事故後に実際の素早く的確な対応が職員集団の中でできるよう雰囲気づくりなど環境づくりも意識した。

(2)評価(総括)と今後

事故・不祥事の防止については、年間を通じて常に意識を保てるよう研修やチェックシートの活用等を実施してきた。とりわけ、個人情報の管理については、一層の配慮をしてきた。また、他県の部活動の体罰事件を契機として、本校でも個々にこれまでの指導を検証させた上で、今後も体罰によらない指導を継続することを全体で確認した。

さらに、2回の強化月間を設定して、一人ひとりが事故防止について考え発表する機会を設けたことで一定の意識強化ができたと考えている。

今後も、携帯メールアドレスの扱いの確認など引き続き事故・不祥事の防止に向けた効果的な取り組みを丹念に実施していく。