県提案型協働事業

NPOとの協働による県立学校(パイロット・スクール)におけるライフスキルアップ教育推進事業

事業のねらい

  • カウンセリング手法を身に付けた教職員が、生徒との確かな人間関係を構築し、それを基盤とした温かい人間関係に満ちた学校を創出すること。
  • これにより、不登校経験等様々な課題を抱えた生徒が、明るく生き生きとした高校生活を送り、セルフカウンセリング力を含めたライフスキルを身につけることができること。
  • これらの取組を、パイロット・スクールとして、他の県立学校や、小・中学校における不登校対策に資すること。

協定先

  • NPO団体  日本リアリティセラピー協会(理事長 柿谷正期氏)
  • 4月16日(金)に本校で行われた選考委員会により、決定しました。
     

事業内容