2期生 山口・広島旅行 9月26日~29日

周防大島のみなさんありがとうございました

3年次生は9月26日~29日、山口・広島方面へ旅行に行ってきました!周防大島では民泊体験をしました。

1日目は新横浜から朝早い新幹線に乗るため、いつもより早く起きるのが大変だったようです。

広島に到着後まずは平和記念公園を散策。ガイドさんの説明を聞きながら、原爆投下に関する歴史を改めて認識しました。資料館ではその歴史に涙する生徒もいました。

新横浜駅 原爆ドーム 入村式1

そしてこの旅行のメイン企画である、山口県周防大島町での民泊体験。本州と島を結ぶ大島大橋を渡ると島に入っていきます。瀬戸内海、3番目の大きさを誇る周防大島は、温暖な気候でみかん栽培や漁業が盛んです。生徒たちは31軒に分かれ、2泊の民泊体験を行いました。釣りをしたり、農作業をしたり、各家庭でさまざまな体験をさせていただきました。

入村式2 民泊体験1 民泊体験2

行く前には民泊体験を楽しみにしている生徒もいましたが、初めての人と上手く話せるかなど不安を抱えて旅行に参加した生徒もいました。しかし、温かい雰囲気の島の方たちと出会い、一緒に活動することで不安な気持ちは消え、笑顔になって3日目の退村式に戻ってきました。その光景は本当の家族のように見えました。こちらでの生活とは全く違う体験をし、大自然に囲まれ、きれいな星を眺め、とてもよい経験ができたことでしょう。

周防大島のみなさん、どうもありがとうございました。

民泊体験3 退村式1 退村式2

3日目は島を出発後、錦帯橋を見学して、広島県宮島に行きました。この旅では、新幹線、バス、そしてフェリーにも乗りました。土曜日ということもあり、観光客で賑わっていた宮島です。島内自由行動では牡蠣やもみじ饅頭を食べたり、厳島神社の境内を参拝したりと各自のんびり過ごすことができたようです。少し雲がかかっていましたが、大鳥居の迫力は素晴らしいものでした。

錦帯橋 宮島 夕食
夜のイベント1 夜のイベント2 朝食風景

いよいよ旅も終わりに近づいてきましたが、4日目は2コースに分かれての活動を行いました。ひとつは、もみじ饅頭・しゃもじ作り体験です。男子生徒もいましたが、女子生徒の多くがこちらのコースを選択していました。買うだけではなく自分でもみじ饅頭やしゃもじが作れ楽しいひと時となったようです。焼きあがったもみじ饅頭を見る瞬間はドキドキしました。もうひとつのコースは、呉にある大和ミュージアムとてつのくじらの見学です。中に入ると戦艦「大和」の10分の1の大きさの模型がありますが、その大きさに圧倒されます。呉と潜水艦の歴史などもかかれていたり、体験コーナーのような場所もありました。てつのくじらは、陸あげされた潜水艦の中に入ることができ、潜水艦での生活を実際に体験した隊員たちが説明をしてくれます。珍しい内部に興味を持った生徒も多くいました。

大和ミュージアム しゃもじ作り もみじ饅頭作り

最終日の昼食は広島名物お好み焼きです。実際に目の前で焼いてもらい食べる広島焼きはとても美味しかったです。おかわりをして、さらにお土産を買って新幹線で食べている生徒もいました。

最終日昼食1 最終日昼食2 帰路

全員無事に3泊4日の旅行を終えることができました!心に残る旅になりました。