相模向陽館高校 研究発表会

11月16日(金)・17日(土)の2日間に渡る本校の研究発表会に17都道府県から、 学校関係者、教育行政関係者、学校支援ボランティア等、 延べ約300人の方が来校してくださいました。感謝申し上げます。 どうもありがとうございました。

分科会A カウンセリングマインドをもって生徒支援を


生徒支援グループ

本校は「生徒と教職員との関係づくり」を大切にする学校であり、 それが本校のポリシーでもあります。この分科会ではオリジナルのシナリオにより、 「相模向陽館高校における生徒対応」について、生徒たちが寸劇を演じました。 また、その生徒たちが、相模向陽館高校に入学したことで、どのように変化し、 どのような高校生活を送っているか、直接話をしてくれました。


  


参加者アンケートより


  • 生徒さんの素直な声が聞こえてきて、相模向陽館高校の魅力が伝わってきました。学習面のみならず、生活面等様々な面に力を入れられている学校には、生徒のニーズを大切にするということ、生徒自身を大切にすることに直結する役割を十分に理解されている先生方が多く、素晴らしいと思いました。
  • 対応について、生徒たちにも開示している点は生徒と教員の人間関係について本気で対応されている覚悟を感じた。大なり小なり問題行動を繰り返す子どもたちには、精神的に消耗することがある。根気強く支援する中で根付くことを期待できるような気がしました。
  • 生徒さん2名、日々の思いを、考えを、自分の言葉でしっかり話してくれました。日々成長!素晴らしかったです。
  • いつの頃から生徒と先生が対立関係になってしまって、信頼関係がなくなってしまったからでしょうか。聞いてくれるだけでも……簡単なことがなぜできない。
  • 自分の言葉で、自由にのびのびと語る姿が、まさに子ども達と先生方の人間関係の良さを表していると思いました。
  • 2人のスピーチから、向陽館高校で先生たちと信頼関係を築いて安心して学んできたことが伝わってきました。
  • 生徒と教職員の間に信頼関係がしっかりと築かれている点が印象的でした。
  • 2人の生徒さんの演技、そしてそれぞれの発表をお聞きし、向陽館の目指しているものとその成果を十分感じることができました。
  • 「生徒自身が強くなれる学校です」という生徒さんの言葉が強く心に響きました。
  • 生徒さんの生の声、心に響きました。自己肯定感の大切さをあらためて認識しました。
  • 相模向陽館が行っている生徒支援(指導)が他の高校や中学校に広がることを期待しています。
  • 生徒と先生の関係の良さは伝わってきました。学力をつけて自信が持てたというのは素晴らしい。
  • 大阪でも、人権教育、同和教育に取り組んできた教員が「荒れの背景を知る」「子どもに学ぶ」というスタンスで生徒と関わっておりますが、御校のように学校システム化されていることに敬意を表します。
  • 教員の共通理解、足並みを揃えるのが一番のキーだと思います。
  • 生徒を支援するというスタンスに共感しました。生徒と教員の人間関係をつくることを大切にしていることがよくわかりました。授業を見せていただくと、本当に様々なタイプの子どもがいると感じます。それでも教室にいられるのは、先生方の受容的な対応があるためだと思いました。「どうしたの」と聞いてもらえる学校がよいのだとあらためて感じました。
  • 生徒さんの体験談の中で、中学時代の小さな躓きが自信喪失につながり、向陽館での支援的なかかわりの中で小さな成功体験を積み重ねてこれたことが自信につながったことがよくわかりました。
  • 生徒の寸劇、そして高校に入ってからの思い、とてもよかったです。感動しました。