相模向陽館高校 研究発表会

11月16日(金)・17日(土)の2日間に渡る本校の研究発表会に17都道府県から、 学校関係者、教育行政関係者、学校支援ボランティア等、 延べ約300人の方が来校してくださいました。感謝申し上げます。 どうもありがとうございました。

分科会D 人間関係を築く力、セルフコントロール力の育成
        『すこやか』の取組み1


1年次

よりよい人間関係づくり、自己肯定感、問題解決力等を身につけることをめざして、 「すこやか」(総合的な学習の時間)の授業を展開しています。
「すこやか」の授業はどのような授業なのか、当日は「知覚・感覚のシステム」のワークを通して、 同じ情報でも人によって受け取り方が違うことを実感してもらいました。
また「すこやか」をとおして生徒や教員にどんな変化があったかを紹介しました。


  


参加者アンケートより


  • 先生方のチームワークがいいなと空気で感じました。
  • 先生方のチームワークがすばらしいです。先生方が理解し合い、認め合う空気感は自然に生徒達に伝わり、大きな安心と効果が生まれることにつながると実感いたしました。
  • お忙しい中、学年で毎週打ち合わせをされ、チームワークを高められていることに敬意を表します。
  • 毎週担任が集まり、指導案を作成する。それができているから生徒も変わっていけるのだと思いました。
  • 「すこやか」をやることによって教員がチームとしてまとまってきたというのがすばらしいと思います。発表もされて、あたたかい雰囲気一杯でした。
  • 「すこやか」について教員が話し合うことで、教員自身が仲良くなり成長できるという点が重要だと思いました。
  • 「すこやか」の授業の一端に触れることができ、生徒の気持ちもよくわかり、とても素晴らしい分科会でした。
  • 自己理解から、自他の違いに気付く事、そして人間関係へとつなげていく指導の内容がよいと思いました。不登校を経験した生徒などには人間関係を築く力、セルフコントロールの力は大切だと思います。
  • 実際にワークを体験でき、ワークを通して気づきを得る感覚を知ることができました。子供と大人でも反応が違うように、その年その年の生徒やクラスによってもきっと反応が異なってくるので、柔軟にプログラムを運用できるかどうか教員側の力量が問われると思いました。
  • 頭で考える…と同時に体験・体感することで学びは深くなると思いました。やりっ放しではなく、フォローなどして繰り返し反復することは学びにもスポーツに大変重要だなぁと感じました。
  • 人間関係を上手につくるためのプログラムを試行錯誤しながら作られているのだとわかり、すごいと思いました。
  • 人間関係の構築が上手くできない生徒はどの学校にも沢山いるように思います。継続的にこのような指導がなされることはとても効果的だと感じました。指導する側にも同様の効果があると思いました。
  • とてもクリエイティブな授業で生徒がセルフコントロールを理解したり実践できるようになると思えた。他者との違い、知覚や感覚の違いを理解するために段階的にワークをする手法は大変効果的に思えました。
  • 「すこやか」の授業は、すぐに結果が得られるものではないが、くりかえしやり、根気よく続けることによって自分がその折々の対応を相手の立場など大切にしたら人間関係を形成していけるのではと思います。
  • 問題を抱えて入学してくる生徒さんがほとんどという中で、自己を知る、そしてどうセルフコントロールしていくかを身に付けていくために、工夫された授業が展開されることに感動しました。
  • 小学校でも形や内容を変えることで取り組めるような気がしてきました。
  • この授業を、中学生にも受けさせてあげたいなぁと思いました。
  • 子ども達だけでなく、私たちにも必要な授業だと思いました。
  • 発達障害等のある生徒の支援教材を作成するのに、大変参考になりました。
  • 不登校経験者が多いことからソーシャルスキルトレーニングを積極的に取り入れて、多くの生徒が楽しめる内容になっているのが良かったです。
  • 生徒の気づきのコメントは本当に素晴らしい成果だと思います!!
  • 高校生の多感な時期に、相手との違いをこうして授業で学べると、どのような成長が見られるのか楽しみになりました。人間関係に焦点を当てた学びは新鮮でした。
  • 中学生の保護者として、こんな丁寧に人間関係形成を行っていただけるのはありがたいと思った。親だと、視点の違いなどを教えたくても、なかなか耳を傾けてくれないので、クラスでやるときっとすーっと入り、納得できると思う。
  • 生徒に接する教員自身が心を開放することが大事ですね。
  • 教材がよく考えられていて、すばらしいと感じました。違いを認め合うというテーマに活用できそうです。カードで意思表示をするという方法も良いと思います。
  • セルフコントロールを学べるとすごくありがたいと思いました。僕も頭に血がのぼると理性がなくなり何をするか。少しでも変えていきたいと思ったので自分にピッタリだと思いました。