相模向陽館高校 研究発表会

11月16日(金)・17日(土)の2日間に渡る本校の研究発表会に17都道府県から、 学校関係者、教育行政関係者、学校支援ボランティア等、 延べ約300人の方が来校してくださいました。感謝申し上げます。 どうもありがとうございました。

分科会F
 学校支援ボランティアとの協働 「すこやか」のプログラム開発


副校長 小島淳子・木村宣貴

開校当初から取り組んでいたライフスキル教育をさらに発展させる形で、 「すこやか(総合的な学習の時間)」が誕生しました。生徒たちのすこやかな成長を願う学校支援ボランティアの方々と ともに、SSJ(相模向陽館すこやか準備会)を組織し、プログラム開発に取り組みました。 この授業をとおして生徒たちにどのような力をつけてほしいのか、時間をかけて議論しました。 それは「良好な人間関係」と「セルフコントロール」、言い換えれば「責任」。 そして、その実現に向けて、授業のアイディアを出し合いました。試行錯誤した後、ワールドカフェに行きつきました。 当日は、ワールドカフェという手法を用いたプログラム開発の過程を体験していただきました。


    


参加者アンケートより


  • とても楽しんで参加させていただきました。生徒支援プログラムを開発する等で参考になると思います。
  • すこやかのプログラム、本当にスゴイ!!と思います。日本中の学校で(職場でも)活用されることを願 っています。創造力のすごさ、柔らかさ……私も身につけたいです。
  • ワールドカフェを実際にやってみてよかった。プログラムを対象の人に合わせて作るということは大変 だが、それ以上の効果があると感じた。
  • 話し合う環境をつくることの大切さはよくわかるので、その時間と場を如何に生み出すか考えています。
  • グループワーキングの手法が教員にも必要なのだということがよくわかりました。
  • こういう環境が日本中の学校や企業、団体に広がっていけばいいなと、改めて感じました。
  • 多種多様な生徒に対応していくために、先生方が協力し合って支援にあたる向陽館高校は本当に素敵な 学校だと思いました。