相模向陽館高校 研究発表会

11月16日(金)・17日(土)の2日間に渡る本校の研究発表会に17都道府県から、 学校関係者、教育行政関係者、学校支援ボランティア等、 延べ約300人の方が来校してくださいました。感謝申し上げます。 どうもありがとうございました。

分科会G 意欲を保ち、向上させる学習支援をめざして


学事グループ

様々な背景や不安を持つ生徒のために、学び直しのための学校設定科目「ステップ」を設置しました。 この科目には学び直し以外に、「気軽に質問できる雰囲気を作りながら、教員と生徒、 生徒どうしの人間関係を築きやすくする」という大きな意図があります。 この分科会では、「ステップ」の教材や授業方法を紹介し、成果や課題を報告しました。 また、授業改善研究で、生徒の言語能力や学習障害の問題が挙がっており、 各教科の授業方法の工夫と新しい「ステップ」を準備中であることを紹介しました。


  


参加者アンケートより


  • 「ステップ」の取組みについて、具体的に聞けて興味深かった。
  • 校種が違っても納得できるので、学校に戻ってから生かすことができる考え・工夫があると思いました。
  • 振り返しシートの必要性を感じました。
  • 不登校など、学校生活に不安を抱えたことがなかった自分にとって、「不安を抱えた生徒」のために、どのようにしていけばよいのか、考えるきっかけになりました。先生のお話しが、生徒のへの愛情にあふれていて、何よりそこに印象が残っています。教科の枠を超えた協力体制のお話しは大変ためになりました。
  • 学力の問題以前に、他人との関係やコミュニケーションの取り方に苦労をしている子どもたちが多いということは、今の青年たちの特徴と言えるのでしょうか?(それとも)青年期の不安感から来ているのでしょうか。
  • 生徒像に照らし合わせた評価が、学校全体で統一されている点が画期的だと感じました。
  • 状況の異なる生徒さんに対しての大変さはあるでしょうが、工夫され取り組まれていることがわかりました。
  • 学力差が大きい中で、今取り組めることを連携して教師が日々行っていることがよく理解できました。
  • 学力差の激しい生徒が多い中、丁寧に指導されている。
  • 前例のないところからのスタートで大変と思いますが、その成果は全国の高校のモデルになるのではないかと思います。生徒の意欲を高めることが何よりも大切と思います。
  • 学習意欲の低い生徒にいかに学習意欲を持たせるかが今の学校教育においての課題である。