相模向陽館高校 研究発表会

11月16日(金)・17日(土)の2日間に渡る本校の研究発表会に17都道府県から、 学校関係者、教育行政関係者、学校支援ボランティア等、 延べ約300人の方が来校してくださいました。感謝申し上げます。 どうもありがとうございました。

分科会I 「職場のメンタルヘルスと職員の同僚性・協働性の構築」


前校長 伊藤昭彦

対応が難しい多くの生徒に日々接している学校の教員にとって、 職場のメンタルヘルスの維持・向上は最も重要な課題の一つです。 そこで、相模向陽館では参加体験型のワークショップ研修を多用することで、 学校づくりや生徒対応のあり方に関する意思疎通や、ストレス耐性を強化する仲間づくりに意図的に取り組んできました。 この分科会では、「こんな職場あったらいいな」をテーマに、 ホールシステム・アプローチのうちの一つ、ワールド・カフェを体験していただきました。


  


参加者アンケートより


  • ワールドカフェダイアローグには前から興味関心がありましたのでのめりこみました。必ず自分でやっ てみます。まずわが職場で。
  • ワールド・カフェが人間関係に役立ち、それが職場のメンタルヘルスに役立つということを知りました。 本当に職場の上下関係の中で使えるかやってみたいと思いました。
  • 楽しみながら色々な意見交換を行うことができよかった。他の人の意見から新たなインスピレーション が出ることを実感できた。 
  • テーマについて主体的に考えていく中で思いが深まり、さらに、意見を出し合うことでより広がってい くのを感じました。
  • ワールド・カフェ、楽しかったです。色々な視点・考えが短時間に引き出せるこの手法はいいですね。
  • 場の雰囲気、人の考え方の傾向がわかり、面白い手法と思う。