相模向陽館高校 研究発表会

11月16日(金)・17日(土)の2日間に渡る本校の研究発表会に17都道府県から、 学校関係者、教育行政関係者、学校支援ボランティア等、 延べ約300人の方が来校してくださいました。感謝申し上げます。 どうもありがとうございました。

分科会J
 「学校を元気にする、評価と支援が一体化した学校評価システム」


オープンスクールグループ

本校は、「グランドデザイン」に示している「学校経営理念」をステークホルダー (在校生、保護者、受検生、教職員、地域住民、学校支援ボランティア等いわゆる利害関係者) の隅々にまで浸透させ、そのことにより生徒、保護者、教職員等のやる気と学校の発展につなげていく 「理念主導型学校経営」に取り組んできました。そして、保護者、学校評議員、学校支援ボランティア等による 「明日の向陽館を創る会」を組織し、学校が元気になる学校評価の在り方について、検討を重ねてきました。 日頃の学校の取組みを正しく評価するとともに、関係者へのフィードバックがそれぞれを勇気づける評価とはどういうものか。 本校の強みは何か、そこに焦点を当てていくこととしました。


参加者アンケートより


  • まさか感動させてもらうとは思っていなかったので驚きました。学校評価は負担であるとしか思ってい ませんでした。(自分達の受ける)学校評価は本音とは思えない形だけのものでしかありませんでした。 評価を生かすことができることを知り、大きく学べたと思います・
  • 非常に解りやすいステップで確実に推進していく姿勢が素晴らしい。生徒の肯定的な意見が多いことが 推進してきたことの結果を良く反映している。
  • 評価は何のために行うのか?本当にやる気・モチベーションを高めるためにできれば、する方もしてもらう方もやりがい・受けがいがありますね。理念主導型で実践されたことが評価システムに守られて目標を達成し、次の目標をめざしてさらに行われ理念が形作られていく……向陽館の歩みがスマートだなと感じました。
  • 教員が感動することが多いとのこと、感銘を受けました。他の高校はどうなのか、逆に気になりました。 ステークホルダーに生徒さんたちをアルバイターとして雇用している人々は入れられないでしょうか。 地域住民とは違う意味を持たせられると思います。   
  • 学校評価に関わっている方々の前向きに取り組む様子が伝わってきました。(地域との関わりがあるとな お良いです)評価に対する姿勢は学校評価だけでなく教員評価にも応用でき、大きなヒントをいただき ました。
  • 学校ナビゲーションを軸にブレない教職員集団、保護者をはじめステークホルダーともどもベクトルを一 致させ、実行している
  • 学校評価は、あら探しではなく、学校を、教師を、生徒を元気にするものでなければいけない。向陽館 のめざす学校評価はその1つのあり方を提案していると思う。
  • 教職員の表情の明るいのが素晴らしい
  • 僕は今まで小・中学校ときましたが、こんなに生徒の事を思ってくれる学校は初めてなのでビックリし ました。「生徒」の事を思う学校はすごいと思いました。