相模向陽館高校 研究発表会

11月16日(金)・17日(土)の2日間に渡る本校の研究発表会に17都道府県から、 学校関係者、教育行政関係者、学校支援ボランティア等、 延べ約300人の方が来校してくださいました。感謝申し上げます。 どうもありがとうございました。

参加者アンケートより


☆ 本校の取組みについて、感じたこと、思ったこと ☆

  • 先生と生徒の係わりを大切にしていることを感じました。
  • 生徒1人1人、職員1人1人が大切な役割や存在をもってとりくまれていること、とてもすてきな学校であると思いました
  • 受け入れる体制の基盤がよりしっかりしていると感じました。
  • 先生方の貢献の気持ちと根気強さを尊敬いたします。一日一日の積み重ねを感じました。
  • 生徒との関係づくりをする為には職員の関係づくりが大切ということを、論だけでなく実際に見せて下さり感謝。
  • 先生と生徒の確かな関係がとても重要だということを確認させていただきました。
  • 生徒に寄り添っていくことの素晴らしさと難しさを感じました。
  • 学校の内部研修が充実しているのではと思います。
  • 先生が受け止めてくださる体制を感じました。教室に入れない息子がスーと授業を聞いて笑っていました。
  • 不登校だった子が前面に出ているのは良いのですがそういう生徒ばかりではないですし、そうでない子がフォローはどうなっているのか少し気になりました。(カリキュラムとしては生かせているとは思うのですがコミュニケーションの観点についての取り組みは良いことだと思います。保護者としても学校へ来ると話をしやすい先生が多く生徒も話しやすいだろうと思っています。
  • 来年度から4年次が始まり、完成年度となることと思います。このまま活動を進めていけば何の心配もないのでしょうが、ぜひ良い形で卒業生を送り出してほしいです。それによって、より貴校の取り組みに対する評価を上げていってもらいたいと思います。そして、貴校の取り組みをより広めていければと願っております。
  • 教職員の粘り強い、敢えて云えば粘り強過ぎる受容と傾聴の結果、ようやく大人との絆を辛うじて保っている生徒達が社会に出て“普通の”大人達との関係を築くことが出来るのか心配です。そういう力を向けることが向陽館の本当に課せられている責務ではないでしょうか。
  • 参加できた事に感謝いたします。本当の教育が何かあらためて思い直すきっかけになりました。先生方の取り組み、学ぶ面が本当にたくさんありました。
  • 各クラスの自分の目標など「リンゴ」に書き込んでありました。もっと濃く、太い字体で読めるようになると自分とクラスの人のことも共有できそう。生徒一番嫌なこととは「同じことを言われることだ」とTVモニターで言っていた。いつまで待てるのかで二度三度言わなくてよい、ここの線引きを生徒と先生が共有するものあってよい。どんな手法にするのかは楽しさが入っているかにかかる
  • 先生方のチームワーク力、一人一人を大切にする姿勢に頭が下がる思いがします。二日間でしたが、たくさんのことを学ばせていただきました。有難うございました。
  • 多様な背景や課題がある生徒の居場所となるよう、教師と生徒の人間関係づくりに重点をおく本校の理念に感銘をうけました。今後、進路の問題にかかわって、出口戦略が必要になってくると思います。社会的に自立するための力を付けていけるとよいと思います。
  • 大きな目標や課題だけかかげて実践がともなわないことが多い中、人とのつながりを大切に実践されているのを目のあたりにして、何か活かしたいと思いました。
  • 「すこやか」は良いと思った。自分を見つめなおしたり、将来のことを考えるのは人生に有意義と思います。
  • 全日制の学校に行くことのできない子供達の受け皿となっていただきたいと思います。教育は平等です。落ちこぼしてはいけないと思っています。すこやかの授業、なかなかできない授業ですね。充分な時間をかけて、生徒へなげかけているのはすばらしい授業だと思いました。
  • 大変だけど重要な取組で、初等中等教育全体の枠組みの再構成にもつながりそうです。期待しています。
  • 常に向陽館ならどうするだろうかと思いつつ、生徒に対面していければと思っています。
  • 大変に良い取組と感じました。近年、いや以前から自分の居場所を探している生徒は多数いたのですが、所属する場所が無く外に出られない人は多数いたのだと思います。このような取組の授業が増え、生徒の受け入れが100%に近いことを願います。
  • 子供達のありのままを受け入れる”今ではなく卒業する時を見て支援するというスタイルはとても素晴らしいと感じます。こういったスタイルが、社会にも広がれば自殺、虐待、いじめ・・・さまざまな問題につながると思いました。
  • 伊藤先生の講演でベースの考え方、関り方、理念が共有されていることに頭が下がる思いです。是非、大木に育ちますよう心から祈っています。
  • 先生方の{カルチャー教室}は先生方の自己開示でもあるように思いました。生徒との距離を縮めるよい方法だと思います。


☆ 本校の生徒に伝えたいメッセージ ☆

  • 挨拶してくれてありがとう。
  • これからも笑顔を大切にしてください
  • 2日間お世話になりました。皆さんの素晴らしい姿を、またどこかで見たいと思っております。
  • 先生方がみなさんのことをとても考え、支援しています。是非先生方に心を開いてお話を聞いていただいて幸せな学校生活を送ってください。
  • 向陽館に入れたことはとても幸福なことだと思います。是非この中で欲求充足の仕方を学び自分のしたいことを見つけてどんどん、それに向かって下さい。
  • 人の歩みはそれぞれだと思うので自分のペースでしっかり歩んでいって欲しいと思います。
  • たくさんの人達が貴方たちを見て、支えて、応援して、サポートしています。今の時間を最大限に使って自分と向き合い、身近で重要な人達との人間関係に目を向けてみて下さい。
  • 常に夢を描いて、忘れないで、実現させて下さい。先生方、生徒の皆さんありがとうございます。
  • 一人ひとりの今の歩み、未来を見つめる目は決して間違っていないと思います。自信を持って前へ前へ進んでいってください
  • 自分の学校に誇りを持って、生き生きと学んでいってほしいと思います。
  • 自分を大切にしていって下さい。
  • 本気になれる事を早く見つけて顔晴って下さい。
  • 向陽館高校の4年間、先生と共に楽しみきって下さい。
  • 体に気をつけて学校生活を楽しんで下さい。夢をもって何事にも前向きでボチボチいきましょう。
  • この学校で楽しんで、自らの未来をきり開いてください。応援してます!
  • 顔晴って!!(やがて大きな財産となります) 本日の生徒発表、良かったです。
  • 自立すること、母校を育てること、「先生」を育てること。皆さんが神奈川、日本の教育を変えていく。
  • 土曜日なのにお疲れ様でした。学校に来るのが楽しみになるような学校をみなで作っていってください。楽しみにしています。
  • 将来どんな大人になりたいか?将来どんなことをしたいか?将来、何を手に入れたいのか?この3つの質問を自分にして、何のために生まれてきたのかを明確にし、素晴らしい人生を歩んでください。
  • 仲間と共に自分の手で未来を拓き創っていってください。
  • 温かい先生達と共に成長していってほしいと思います。
  • 時間がかかってもいいですよ。このような研究発表後のアンケートの設問は初めてです。やはり“『相模向陽館高校』は違う”と思いました。皆さん『一人ひとりの秘められた可能性』をこの学校で見つけて卒業してくださいね。