相模向陽館高校 研究発表会

11月16日(金)・17日(土)の2日間に渡る本校の研究発表会に17都道府県から、 学校関係者、教育行政関係者、学校支援ボランティア等、 延べ約300人の方が来校してくださいました。感謝申し上げます。 どうもありがとうございました。

授業公開


17日(土) 午前部
  1年次:保健・ステップⅡ・化学基礎・現代社会/すこやか(総合的な学習の時間)
  2年次:英語Ⅰ・オーラルコミュニケーション・理科総合A・数学Ⅰ/すこやか(総合的な学習の時間)
  3年時:現代文・世界史B・日本史A・レクレーションスポーツ入門・美術Ⅲ・工芸Ⅰ・フードデザイン
       情報C・職業一般/体育

16日(金) 午後部
  1年次:すこやか(総合的な学習の時間)/国語総合・ステップⅡ
  2年次:理科総合A・世界史A・数学Ⅰ/すこやか(総合的な学習の時間)
  3年時:体育/総合的な学習の時間

    


  


参加者アンケートより


  • 生徒が楽しそうに「すこやか」の授業を受けていてとてもよかった。
  • 「すこやか」生徒にとって良い影響を与える場と思う。みな興味深く向き合っていたことが印象的だった。
  • 「すこやか」は教員間の連携及び共通理解が十分に図られ、目指す内容、目標が達成されつつあると感じました。先生方が生徒を大切にしている様子が随所に見られました。明るい雰囲気が印象的でした。
  • 「すこやか」の授業で複数の先生方が協力されており学校全体の取組なのだと改めて感じた。生徒の反応は様々だが、先生方が根気強く話しかけられていたのが印象的だった。
  • 生徒さんが活き活きしている表情をよく見かけました。「すこやか」の2年生の授業を見学させていただきましたが、積極的に話そうと前のめりになっている生徒さんもいて、素晴らしいな、と思いました。
  • 生徒はリラックスしてのびのびと授業を受けていました。明るさ、元気さが感じられました
  • 教師と生徒の距離が近く、とても積極的に授業に参加する生徒の姿が印象的でした。
  • 「自由」と「勝手」の違いを感じました。素敵な授業でした。承認にあふれていますね。
  • 本当にいろんなお子さんがいるのですね。その中で授業をする。そして子どもたちと関係をつくっていくって並大抵でないです。すごいです。
  • 現実の厳しさを感じましたが、先生方の生徒への粘り強い生徒支援を陰ながら応援しています。
  • 生徒と対話している様子が伝わりました。和やかな雰囲気があって楽しくなりました。
  • 先生方が忍耐強く指導に取り組まれていてすばらしいと思いました。
  • 生徒の実態は様々ですが、その生徒一人ひとりの生徒理解をし、まず認めてあげていることが伝わってきました。数クラスを見学させていただきましたが、教師から「ダメ」「うるさい」などの発言は一度も聞こえませんでした。
  • 先生と生徒の関係がすごく良いなと思いました。相談のしやすさ、先生方の生徒を受け入れる気持ちというのが表れていると思います。
  • 先生と生徒との関係がとても素晴らしい。会話を聞いていてほのぼのしました。
  • 一回の聞きもらしで落ちこぼれることのないよう、繰り返し説明する先生方の粘り強さ、どの授業にも共通して感じられました。すばらしいと思います。
  • 多様な生徒を前にしてしっかりと授業を進められる先生方に驚きました。
  • 生徒に対して真摯に忍耐力をもって誠実に向き合っていますね。
  • 一見すると授業規律が成立していないようだが、全ての先生方が同じスタンスで生徒を受け入れ接していることがわかりました。課題や問題を抱えた生徒と日々接すると、教員の疲労感や徒労感を持ちがちですが、皆さん明るく生徒に向き合っている姿が印象に残りました。
  • 日本語を母語としない生徒に対して、ゆっくり丁寧な話し方だった。少人数のクラスに複数の教員がつきカウンセリングマインド前提の指導で良かった。