相模向陽館高校 研究発表会

11月16日(金)・17日(土)の2日間に渡る本校の研究発表会に17都道府県から、 学校関係者、教育行政関係者、学校支援ボランティア等、 延べ約300人の方が来校してくださいました。感謝申し上げます。 どうもありがとうございました。

生徒発表


○ 発表「学校適応感の変化 ~高校生の認知から~」チョイスセオリー部


向陽館高校の生徒たちの学校適応感が、入学前後でどのように変化しているか、 向陽館の生徒たちは、傾聴、受容、支援、励ましなどの教員の対応をどのよう に認知しているか、一方、教員は、具体的にどのようなことに注意して生徒と 接しているか、などをアンケート調査した結果を発表しました。


 


○ 生徒生活体験発表から

  • 「頑張らないで顔晴る」安孫子優菜(午前部1年)
  • 「僕が変わったきっかけ」シャー・ファハル・フセイン(午前部3年)
  • 「生きる意味」新井ちづる(午前部3年)


  


参加者アンケートより


  • チョイスセオリー部の発表は興味深かったです。教師と生徒の感じ方のズレは何故か生じてしまい、どうすればそのズレを埋められるのか気になりました。 
  • 研究をするという体験は大変なことも多かったと思いますが、非常に良い経験になったと思います。どうぞ今後の活動に活かして下さい。発表後の感想について1人1人がしっかりと自分の気持ちを述べていてよかったです。
  • 真摯さが伝わってくる内容でとても良かったです。今後も頑張って(顔晴って)ください。
  • 頑張らないで顔晴るという話をきいて、私も何気なく人に‘頑張って’と言ってしまっていることに気づき、それが負担になってしまう可能性があることにも気づきました。
  • 頑張るを「顔晴る」いい言葉ですね。私も帰校したらモットーにしようと思います。卒業、就職に皆さん顔晴って下さい。
  • 3人それぞれの思いが伝わり感動しました。ここにいたるまで色々あったと思いますが自分を見つめ直し自分なりの答えを探しながら成長してきたことがよくわかりました。
  • とても感動しました。貴校の存在意味を強く感じました。
  • 苦しい状況の中で、自分が生きる意味や目標を見つけて一生懸命今を生きようとする姿に強く心を打たれました。
  • 堂々として聞いていて、すがすがしさを感じました。
  • 人間は美しいものだと思いました。心のきれいな子ほど傷つき倒れやすいけれど学びも大きいのだと思います。
  • 発表を聴かせていただいて感動しました。素晴らしい生徒さんに出会えたことを感謝しています。
  • 3人それぞれ様々な経験があったと思います。まわりに流されず自分の思い描いた道を歩んで欲しいと思いました。
  • 何事にも自信をもって顔晴ってね。真面目にやっていれば必ず自分自身の力もつくし、多くの人達がその努力を見て認めてくれます。夢を大きくもって下さい。
  • 自分の人生を本気で見つけられたときの喜びが伝わって来ました。良い人生を咲かせて欲しいです。