相模向陽館高校 研究発表会

11月16日(金)・17日(土)の2日間に渡る本校の研究発表会に17都道府県から、 学校関係者、教育行政関係者、学校支援ボランティア等、 延べ約300人の方が来校してくださいました。感謝申し上げます。 どうもありがとうございました。

研究発表会のお礼


この度の研究発表会では、2日間を通じて、全国17都道府県から延べ約300名の方にご来校いただき 盛会のうちに閉会することができました。あらためまして、ご来校いただいた皆さまやご協力いただいた方々に 感謝申し上げます。
 本校としましても、今回の発表会を通じて、これまでの2年半に渡って生徒に関わり支援してきたことを発表することで、 今後に向けて振り返や検証をすることができる貴重な機会となりました。
 会期中にお話させていただいた方からは「先生たちが、みな明るくて、元気に授業をしていますね。」 という声をいただきました。また、アンケートでは、「生徒の発表に感動した。」、 「先生方が粘り強く生徒に対応していた。」、「教員のチームワークの良さを感じた。」 といった声が多くの方から寄せられていたのが印象的でした。
 この研究発表会で、職員は多くの方に関心をもって見守っていただいているということで元気をもらい、 また、多くのご助言や激励によりこれまでの取組みに一層の自信を得たものと感じています。
 今回皆さんからいただいた元気で、これまで以上に「同僚性」を高めながら、その元気を生徒に注いで いきたいという気持ちでいっぱいです。そして、これからも本校の使命を忘れることなく、 課題を抱えた多くの生徒たちを受け入れ、「たくましく生きる力」「思いやる力」「社会とかかわる力」を育て、 社会に送り出してまいります。今後とも、相模向陽館高校へのご支援をよろしくお願いいたします。

校長 今井信一




概要


1.開催趣旨

平成22年4月に開校した本校は、神奈川県立高等学校としては、初の多部制(午前部・午後部) による昼間定時制高校です。開設当初からの本校のミッションとして、学力に不安を感じている 生徒、小・中学校時代に不登校を経験した生徒、働きながら学びたいという生徒を積極的に受け入れています。
 一方、本県では、平成19年8月に、明日のかながわを担う人づくりを進めるための総合的な指針として 「かながわ教育ビジョン」 を策定しました。本校では、かながわ教育ビジョンが教育目標として掲げる「たくましく生きる力」 、「思いやる力」、「社会とかかわる力」を、本校の「めざす姿(ビジョン)」に据え、 生徒たちがお互いに良好な関係を築き、様々な学びや交流をとおして、 自己肯定感を高めることができるようになることをめざして、日々教育活動に取り組んでいます。
 教育ビジョン策定から5年目の節目を迎えた今、本校の取組みを紹介することを通じて、 改めて今後の高等学校教育のあり方に思いを馳せ、意見交換・情報共有する場を持つとともに、 本校のこれからのあり方について考える機会として、開催しました。


2.テーマ
    ~ 生徒との確かな関係づくりをめざして ~


3.日時
    平成24年11月16日(金曜日)・17日(土曜日)

4.場所
    相模向陽館高等学校
     座間市ひばりが丘3-58-1


5.参加者
   16日(金曜日) 118人
   17日(土曜日) 168人   合計延286人
   都道府県別参加者数(神奈川を除く、()内は実数)
     北海道(1)、青森(2)、埼玉(5)、東京(18)、千葉(4)、静岡(11)、山梨(1)
     富山(1)、石川(7)、京都(2)、大阪(3)、鳥取(1)、徳島(1)、愛媛(15)
     大分(1)、熊本(2) 合計75人


報告